途すがら

クロスステッチの記録帳。

August 2011

過去作: "Black Miniature Sampler" / SANQ #28


Designer: Virginie Menzildjian
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie Surfine color#109
137W×89H, 1over1

赤糸で単色刺し。雑誌SANQのvol.28 (Fall 2002)より。
丸い木製のリングは、刺繍枠15cmの内側フープです。仕上がりサイズは横8.9×縦5.6cm。
Soie Surfineを手にして、100×100前後の手頃なサイズでさっそく試し刺しをしようと、
在庫をひっくり返して条件に合うチャートを探しました。
刺したことのなかった系統のデザイン、可愛らしくて気に入りました。

-布に関する失敗-
over1でステッチするときは、布の織り糸が均一な部分を使うことが好ましいと思います。
久しぶりのover1で、ぼんやりしていました。
使いかけの在庫布を広げて「この半端な形の残り部分、丁度いいサイズかな」
と、深く考えずに断った後で、太めのネップ(節)がいくつかあることに気付きました。
布を断つ前に注意を払えばよかったと後悔しきり。

続きを読む

糸: Au Ver à Soie - Soie Surfine

シルクの刺繍糸、Soie Surfineについてのメモ書きです。


WIPを刺し始める前に撮っていたSoie Surfine、1巻100m。
通常は、プラスティックの糸巻き状です。
紙筒巻き状の3つは、限定色のため形態が違っているのだと思います。

Soie Surfineを知ったきっかけは、Society of Soie Surfineでした。
40ctのover1、45ct以上のover2に向く糸だと知り、発表時から気になっていました。
が、色ムラのある手染め糸なので、単色を好む私には不向きと思って手は出さずじまい。
当時、単色のものを探した憶えがありますが、通販できそうなショップを見つけられず、
糸のことはしばらく忘れていました。

昨年の半ば辺りから、海外のブロガーさん(*)の記事でこの糸をよく見かけるようになり、
手持ち糸での40ct・1over1に行き詰まりを感じていたこともあって、
やはり一度は使ってみたいと再度ショップを探して手に入れた次第です。
*:iStitchのCarolさんです。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (1)始まり


References: Museum Celle sampler 1826 (permin of copenhagen), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

今ステッチ中の復刻サンプラー。5作目のVierlande samplerになります。
3年前にperminのチャートで完成させた後、叶うならいつかもう一度、と思っていました。
perminのチャートと区別するため、名前を仮に"CTNMGS 1826 sampler"としています。

始めたきっかけは、AVAS社のシルク糸 Soie Surfine #586(濃紺色)の入手にさかのぼります。
ネットで見つけた100m巻き、3個あった在庫をそっくりカートに入れました。
糸が届いた後、#586は買い足すことが難しい色だと分かり、
どうせ使うのなら、このサンプラーのために活かそうと思いました。
前回がover2だったので、over1でミニチュアを刺すのも面白そうだと。
そんな始まりです。

続きを読む

雑誌: ORNAMENTE - April 1994 Heft 2

Vierlande samplerが掲載されている本を紹介します。2冊目。



ORNAMENTEは、オランダの手芸総合誌"Handwerken zonder Grenzen"のドイツ語版です。
クロスステッチ・サンプラー全般に関する記事は4つ、計16ページ。
Vierlandeのアンティーク・サンプラーに直接関係しているのは(2)のみ。

(1) Das Deutsche Stickmuser-Museum Celleの紹介 (3ページ)
(2) 1826年のVierlandeサンプラー: 写真・説明・モチーフ解説など (4ページ)
(3) 1826サンプラーのモチーフをアレンジして作った、ベッドカバーと円柱の布箱 (6ページ)
(4) Jan Houtmanさんのサンプラー"Patchwork"の写真、"De Haemmaeker"の紹介 (3ページ)

以下、(2)と(3)について簡単に内容をピックアップします。
また、この記事の一番最後に、(4)に名前のあるJan Houtmanさんについて書きます。

続きを読む

雑誌: (Burda) Anna Special Kreuzstich E535

Vierlande samplerが掲載されている本を紹介します。1冊目。



1999年発行のクロスステッチ雑誌。ドイツ語。
クロスステッチ・サンプラー全般に関する記事は、計4ページ。
うち、Vierlandeに関係しているのは(1)のみ。

Celle刺繍博物館のサンプラー・コレクションから、2作について写真とモチーフの説明が載っています。
(1) 1826年のサンプラー (3ページ)
(2) "Altona / Hamburg 1809" (1ページ)
  permin of copenhagenから、"Daniel 1809"のタイトルで復刻されているサンプラーです。

また、折り込みの別紙に"Museum Celle sampler 1826"と同じチャートが収録されています。
どうやらBurdaのクロスステッチ雑誌には、時々perminのチャートが載っているようです。
厳密に言えば、perminのチャートよりも正確にオリジナルをトレースしていました。
いくつか修正がある程度なので、チャートを目当てにこの雑誌を探すほどではありません。
糸の指定はオリジナル本来の黒色、それから赤。DMC#310, #321になっています。

ネットを見ていて、1826サンプラーのチャートが載っている雑誌があると知ったものの
長らく該当する号が分からずにいました。
縁があればそのうち見つかるだろう、と気長に構えて探し当てました。
ebay.deより、海外発送不可の品だったため、代行サービスを通しての入手です。

過去作: "Metta Putfarcken 1848" / Vierlande sampler


Designer: European Reproduction Samplers (Sabine Taterra-Gundacker)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#2926
461W×489H, 1over2

Vierlande復刻サンプラー4作目。2と3はいずれ。
2010年の春先に始めて年をまたぎ、およそ1年かけて2011年に完成。
今まで刺した中で、最もサイズが大きく、ステッチ数の多い作品になりました。
 
盛りだくさんの円形モチーフ。その数100以上。モチーフ1種類がこれほど多く集められた
Vierlandeのアンティーク・デザインは、他に見たことがありません。
また、右下(胸像型の天使下)には筆記体で"Zum Andenken"「想い出に / ≒in memory」と
句がステッチされています。句があるのは、今知る限りこのサンプラーだけです。
数少ない赤一色のVierlande sampler。珍し尽くしでした。
オリジナルは、ドイツの博物館 Museum fur Hamburgische Geschichteの収蔵品だそうです。

=およその総ステッチ数 / Total number of stitches (approx.)=
総ステッチ数・必要な糸の量についての情報は、チャートの中に見当たりませんでした。
結論から言えば、約92,500ステッチ、密度はおよそ41%になると推計しています。
92,500 ≒92,426 =461W×489H×41%
続きを読む

Vierlande & Vierlande sampler (2/2) クロスステッチ・サンプラーを観察

何となく知っているつもりだったVierlande sampler。
集めた資料に目を通して、考えをまとめる機会を持ちたいと思っていました。
整頓した結果、ネットや書籍などで見ることのできたアンティークの作品数は56。
リプロダクション(復刻)しか見られなかった作品は2つ。合わせて58作品になりました。
モノクロ写真でしか確認できなかった作品、刺繍糸が劣化して一部が欠けている作品、
未完成の作品など、色々あります。

-はじめに- 
いま私が58作のサンプラーと資料から、Vierlande samplerをどう見ているのか綴りました。
全体の傾向をなるべく客観的に捉えるために、「多い・少ない」に替えて作品の数を出しました。
また、必要に応じて、情報の裏付けになる出典やリンクなどを添えています。
1記事にしているため、ボリュームがあります。
Vierlande samplerに興味を持たれた方への参考になれば幸いです。
なお、モチーフの意味については観察から外れますので、参考誌の紹介にとどめています。

=Vierlande sampler=
アンティーク・クロスステッチ・サンプラーの一種。
フィアランデの少女達が、地域共同体に伝わるモチーフやアルファベットなどを刺繍した布。
モチーフや文字の見本(サンプル)を集める目的と、ステッチの練習を兼ねていたと考えられる。
(現存しているアンティークの、クッションカバー・衣装・葬儀に使われる布などには、
 サンプラーに見られるモチーフと同じものがステッチされている。)
また、新たに作られるサンプラーの見本にもなっていたと思われる。

以下、項目を7つに分けています。
Index
 【1】デザインの概略
 【2】素材、色
 【3】ステッチの種類
 【4】モチーフの種類
 【5】年代
 【6】アルファベット
 【7】フルネームと省略名
続きを読む