途すがら

クロスステッチの記録帳。

December 2011

WIP: ひたすらBent Creek (2) / 残りの1チャート


"Love"
Designer: Bent Creek (Marsha Worley & Elizabeth Newlin)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: WDW, DMC
90W×121H, 1over1

小さくステッチしたく思い、指定の30カウントover2から28カウントover1に変更。
来年に持ち越し確定として、針の冬休みに入ります

完成: ひたすらBent Creek (1) / 5チャート6デザイン


Designer: Bent Creek (Marsha Worley & Elizabeth Newlin)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
1over2

クリスマス物のあと、サブのWIPとして"The Bugs"に手をつけました。
勢いづいてハシゴ状態になり、気付けば手持ちのBent Creekチャート6枚を全て持ち出し。
初心者の頃に手に入れたものですが、好みは今も変わっていないデザインです。
糸の7~8割は、指定またはチャート記載の代替色。残りは、手持ちの近似色を使用しています。

(1)"The Bugs" ("Humbug" 33W×39H & "Y2K Bug" 16W×24H)
  Humbug、辞書を引いて実在しないbugだと知りました。可愛い姿の ぺてんむし。
  Y2K Bug、一番のお気に入り。この表情 ・_・ に弱いのです。7本足のヘンテコなミレニアム・バグ。
(2)"Red Winged Blackbird" 34W×44H
  意外にも実在する鳥の名前。ハゴロモガラス。カラスと名前にありますが、カラスの仲間ではないそう。
(3)"Tiny Tim Turkey" 24W×24H
  一般に、七面鳥は感謝祭のモチーフです。が、タイトルにちょっと引っかかりました。
  Tiny Tim (ティム坊や)に七面鳥…ディケンズの小説『クリスマスキャロル』と関連があるのかも?
(4)"The Little Santa" 24W×24H
  タイミングよくステッチできて嬉しい限り。
(5)"The Little Snowman" 24W×24H
  指定のWDW, The Gentle Art は在庫にない色が多く、ほぼ全面が代替のDMC。鼻だけWDW ・・・
  せめて背景を指定の糸にしていたなら、もっと好みの雰囲気になった気がします。
  次から手染め糸指定をDMCで代替えするときは、適度にバランスさせようと思いました。
  糸の在庫を増やすまいと意識していましたが、もう少し柔軟に考えた方が良さそうです。
  眼の位置を少し変更しています。いまひとつなので眼だけ刺し直すつもりです。

- 覚え書き:使用糸の種類 -
(1) (2) (5) WDW, DMC
(3) (4) WDW, DMC, The Gentle Art

Purchases: いろいろ到着


バックオーダーになった品があり、注文から到着まで待つこと80日。
特に急ぐ物もなく、クリスマス直前に届いて嬉しさ倍増です。
封筒は税関検査で開封され、左側に再び封をしたテープが貼ってあります。
開封されたのは封筒のみで、内側の包みを開こうとした形跡はなし。

=内訳=
・雑誌: SANQ 63 - 65
   同時に注文した59, 60はOOPとの返答。待っている間に発売された65は、メールで追加依頼。
・布: Permin 40ct (Ivory), Zweigart Kingston 50ct (Cream)
   Ivory初入手。50ctも初入手、最小単位のStitcher's 1/8を試し買い。
・チャート: Trenner Needleworks "Darning Sampler"
   未経験のダーニング。入門用に良さそうかなと思っています。Manual Order formから注文。
・糸: Anchor #152 - Delft blue
   アンカーの濃紺色を買い足し。今年買った糸はこの1束のみ。来年は反動がある…かも?
・ピンクッション: 緑のベルベット生地に、ココボロ(Cocobola)の木、の組合せを選びました。
   これまた初入手。ステッチ6年目を過ぎて、やっと気に入った物を手にできました!
   理想通りの品に大満足 荷物の発送が遅くなったのは、延々この品を待っていたため。

続きを読む

完成: 3つのノエル / JCS Christmas Ornaments


Quaker風のクリスマス・デザインを3つ。
糸は手持ちの在庫から組み合わせ。布は全てPerminの40ct。Natural Brown Undyedを使いました。

 -左:"Quaker Christmas Tree"-
 Designer: The Workbasket (Mary Olson & Candy Scott) / JCS 2002
 Threads: The Gantle Art - Black Raspberry Jam 7021 , Soie Surfine 392
 69W×60H, 1over2
 -中:"Quaker Noel"-
 Designer: Legacy Designs (Fran Colburn) / JCS 2010
 Threads: WDW - Brick 1331, DMC 3362, 3363
 67W×75H, 1over2
 -右:"Peace & Joy"-
 Designer: Legacy Designs (Fran Colburn) / JCS 2009
 Threads: WDW - Brick 1331, DMC 934, Soie Surfine 335
 63W×64H, 1over2

左: 緑から青に変更。バック・ステッチ指定の西暦をover1でステッチ。
中: Smyrna cross の部分を Eyelet に変更。
右: 赤と緑を反転させています。中央部分は、p.99のアルファベットからアレンジ。
 他2つのデザインにNOELが入っていたので、ノエルに揃えさせてもらいました。
 アイデアは、JCS 1999年の The"No L"Sampler から拝借。アルファベット25文字を刺しています。
 えるがないので、のー・える。
今年のクリスマス物は、これにて終了。

完成: "Regal Red Christmas" / JCS Christmas Ornaments 2010


Designer: Milady's Needle (Gloria Moore)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Thread: Hand Dyed Fibers - Garnet
64W×64H, 1over2

1束だけ持っていたHDFのGarnet を使いました。
短い周期で色が変化する段染めの糸です。濃淡の出かたは成り行きまかせ。

紫が混ざっている赤糸、美しいと思っています。けれども、好みとは異なる赤。
手にした理由を白状しますと、赤糸ステッチャーさま方を真似て購入したのです。
通販したのは2007年。自分自身の好みの赤が、まだよく分かっていなかった頃でした。
むやみに他の方の好みを後追いして、ちょっぴり苦い思いをしました。

私が好む赤は、DMCでは#221(Very Dark Shell Pink)や#3777(Very Dark Terra Cotta)の辺りです。
赤紫(+青)よりも、赤茶(+黄)の側に惹かれるようです。

完成: " 'Tis Red" / JCS Christmas Ornaments 2010


Designer: La-D-Da (Lori Markovic)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: Hand Dyed Fibers - Attar of Roses 1235, Enchanter Rose 1327
43W×43H, 1over2

材料は、1つ前の"Elfin Stocking"と同じ組み合わせです。

今年のクリスマスは小さいものを1つだけ、と軽い気持ちで選び始めたのが分岐点。
「ちょっと1つだけ」のつもりが、「ちょっと」や「1つ」では済まなくなりました。
ほど良く楽しめる数ならいいのでは?と、考えを改めてクリスマスイッチON

布の周囲は「ほつれ止め ピケ」を塗って、手っ取り早く始末しています。
一連のクリスマス物を刺していて、12~10cmの丸枠を持っていればよかったのにと思いました。
余白のMOTTAINAI 、改善の余地が大いにあります。
スクロール・フレームを小さく組み合わせると対応できるのですが、
今回は布を縫い付ける手間が もどかしく、手持ちの丸枠(15cmと14cm)を使っています。

過去作: "Elfin Stocking"/ JCS Christmas Ornaments 2008


Designer: The Workbasket (Mary Olson & Candy Scott)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: Hand Dyed Fibers - Attar of Roses 1235, Enchanter Rose 1327
61W×69H, 1over2

2009年のクリスマス・シーズンにステッチしました。
糸は、1826サンプラーの試し刺し用に購入して、結局使わなかったものです。
DMCの近似値は、HDF1235≒DMC777(Very Dark Raspberry), HDF1327≒DMC3685(Very Dark Mauve)。

完成: 冬のハート (2)Fin.


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#1426
84W×87H, 1over2

再開後は、一気に駆け抜け。もう少しステッチしていたいと思うほど楽しかったです。
刺し終えて嬉しいはずなのに、何だか淋しいような気もしています。

締めくくりに四季の集合写真を。どの季節も、不思議なほど針が進むデザインでした。
gazette94さんに感謝! Merci

Purchases: 雑誌2冊, 書籍2冊

12月に入ってから到着したもの。

SANQ 59, 60と、Darningの本、Finishingの解説本(6版, 2010年改定)。
書籍は大きめの箱(Medium Flat Rate Box)で届きました。
少し驚きましたが、厚みのある変形本2冊を入れるには、他に選択肢がなかったのでしょう。

現行で流通している洋書籍は、国内の本屋さんから購入するのがベストだと思っています。
通販前に、紀伊國屋BookWebへ取寄せの可否を問い合わせました。結果は不可。
ただし過去の経験では、一度×の返答が出た後に取寄せ可になったケースもありました。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (7)どこから来たのか、双頭の鷲


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

2色使いのモチーフは難所でした。急がず徐行で通過。ほどかずに済んでホッとしました。
記事(4)辺りで手こずった経験が生きたかな、と思っています。

今回の主役は「双頭の鷲」。 モチーフから派生する疑問について軽めに探究などを。
※素人考察です。本当かどうか疑いを持ちながら読んでいただければ幸いです。
双頭の鷲 :頭が二つある鷲
(ドイツ語) Doppeladler
(英語) double eagle, double-headed eagle, two-headed eagle

続きを読む

Purchases: 布と雑誌、書籍

今週届いたもの。


-左:布と雑誌-
オーナメント裏に使う布を調達。2冊のJCSは、ついで買いです。
普段めったにしない お仕立て、苦手意識を克服するために練習しようと計画中。来年になりそうな気配濃厚。
生地のメーカーと名前など。
・Moda "Reindeer Games" by Sandy Gervais
・Benartex "Jingle All The Way" by Nancy Halvorsen
共にクリスマスな名前ですが、季節を問わず使えそうなデザインも入っています。
サイズは5インチ(約12.7センチ)角。各40枚ほどのセットで、ほぼ全てが違う柄。千代紙セットのよう。
このサイズのセットには、Charm Packという名前が付けられているようです。
ステッチ以外の針仕事はさほど経験がなく、こういった布を通販するのは初めて。
-右:書籍-
購入を先延ばしにしていた本。遅まきながら発行元に気付いて直ぐに探しました。
出版社はカラーフィールド(残念ながら9月末に倒産されたそう)。これは国内通販。

続きを読む