途すがら

クロスステッチの記録帳。

March 2012

完成: "The Darning Sampler"


Designer: Trenner Needleworks (Kim Trenner)
Fabric: Gander Linen 15fils (38ct) Naturel
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#163
96W×64H, 1over2

ダーニング、クロスよりも早く面が埋まるからなのか あっけなく終わってしまいました。
急いだつもりはないのに、味わう前につるんと飲み込んでしまったような気分。
物足りないので、またキリの良いときに練習する予定です。
リネンのカウントと糸の色を変更しています。見本作品は、35ctにSoie d'Alger(緑)の組み合わせ。

続きを読む

布: Gander Linen


Gander Linenの名前を知ったのは、HDFの掲示板(Forums)だったように記憶しています。
19fils (48ct)に興味があり、Simply Necessaries(フランスのショップ)より2010年に購入。
15fils (38ct)も同時入手。※リネン3枚を注文して送料8.7ユーロでした。約2週間で到着。

Permin(Wichelt)に比べて柔らかい質感。手頃な価格です。
ステッチした結果、19fils(48ct)は申し分なくスクエア・リネンでした。

左が19fils (48ct)、右が15fils (38ct)。

※色は共にNaturelですが、現物よりも白めに写っています。の腕は非常によろしくないです…すみません。

メーカーのカタログには、22fils (55ct相当)も載っています。
視力と気力が何とかなるうちに試してみたいとは思うのですが、
言語・手段・販売単位がネックになって棚上げ中。
今知る限り、22filsの購入方法はメーカー(フランス)への直接FAXのみ。
切り売りをしていただけるかどうかも不明です。

過去作: "Mouchoir Bleu"


Designer: Isabelle Haccourt Vautier (Free chart)
Fabric: Gander Linen 19fils (48ct) Naturel
Thread: AVAS - Soie Surfine color#392
112W×112H, 1over2

通販でいただいたフリーチャートです。2010年の秋に刺しました。
アルファベットの配置と中央の円形効果なのか、視線が中心に引き寄せられます。
ボーダーは重く、中央は軽く、交互に刺してちょうど良いバランスのデザインでした。
アルファベットの書体、わずかに飾り気があって気に入っています。

初めて40ctよりも細かい布でステッチした一作。
48ctを使ったのは、この一度きり。気が向けば、また試してみたい組み合わせです。

仕上がりサイズは、縦横 共に約11.3センチ。
縦横同カウントの図案を選んだのは、単なる偶然。
おかげで、リネンの織りが均等かどうかの確認が簡単にできました。
Gander Linenについては次記事にて。

Purchases: 図案×1, 糸×15


-内訳-
・図案: Brightneedle "Rainbow Village Sampler"
   掘り出し物。幸せの1枚。※OOP。既に廃業されているメーカーです。
・糸: DMC×11, Gentle Art×4
   DMC、とてもお安く入手できました ($0.25 /1束)。ラッキー。

-紆余曲折-
ショップに辿り着くまでの経緯。
2月上旬、Hoffman Distributing Co., Inc. の下部ランダム広告リンクから、とあるお店へ。
Discontinuedのカテゴリをチェックしていて図案を見つけました。残数は1。
ひときわ目を引いた虹色の家、どのメーカーかとクリックしたらBrightneedleでした。
今まで残っていたのだから、Nashvilleの後でも大丈夫だろうと甘い考えでブックマーク。
新作は全て見送り、さて購入しようと開いたときには品切れの表示
いずれにしても糸が必要だったので、図案を扱っている別のショップを探しました。

続きを読む

WIP: "Vierlande Winders' Keeper" (2) Part One完了


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial
Fabric: unknown 32ct Antique Copper
Threads: Fibers to Dye For
1over2

後半はできるだけ肩の力を抜いて のんびり進み、楽しくPart1を終えました

続きを読む