Designer: Beardie Designs (Karin Kersten)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie d'Alger 946,  2924
109W×149H, 1over2

1909年の復刻サンプラー。糸は毎度のことながら在庫から。
西暦の配置をアレンジして、完成年を追加。数字2か所の上に、ちょこっとダーニングあり。
未経験のステッチが多く、参考書を広げて刺し方や名前を確認しながら刺していました。
チャートの別紙には、ステッチ名と図解があるのですが、あまり頼りにならず。
図上で刺し順を示す数字の印刷が潰れていたり、完成見本とは細部が違っていたり
おまけにチャートのエラーもありました。やれやれ。

ちょっとずつ。いろいろ。浅く広くもまた楽し。


= 参考書 =

『刺しゅうステッチ』 ベティ・バーンデン
("The Embroidery Stitch Bible", Betty Barnden の邦訳)
各ステッチごとに、写真、刺し方の図解や文章による説明などが添えられています。
ステッチの別名も書いてあり、何かと便利な辞書的書籍。今回出てきたステッチは全て掲載あり。

"Advice is...for listening to ~ not necessarily taking!!", Marion Scoular
ステッチ全般のTipsや知識が、ギュッと詰まっています。私的に大当たりの一冊。えくせれんと!
「ボタンホール・ステッチ と ブランケット・ステッチは全く別物」と説明あり。
2つの違いを強調して書いてある本は、珍しいように思います。

= 覚え書き =
ボタンホール・S と ブランケット・Sについて、今のところの理解をごく簡単に整頓。
・一般に、ボタンホール・Sは、ブランケット・Sと同じ扱いになっていることが多々ある。
 場に応じて、ブランケット・Sと同じか 異なるのか、ちょっと注意した方がいいような・・・。
・「洋裁用ボタンホール・S」 ≠ 「ブランケット・S」(cf. 『刺しゅうステッチ』)。
 洋裁用ボタンホール・S の別名は、テーラードボタンホール・S。

2つの仕組み(違い)を観察するためのサンプル。
上:ブランケット・S。 中&下:洋裁用ボタンホール・S。
※下は平たい紐。 蛇足。レザークラフトの「シングルループかがり」に酷似(cf. 『革の編みとかがり』 藤倉邦也)。


角度を変えて。


さらに視点を変えて。
オモテ。左が、作ったサンプルの正像。右は鏡像。


ウラ。 右が正像。