Just Cross Stitch Christmas Ornaments より。
左上 "Elfin Stocking" (The Workbasket) / 2008
右上 "Quaker Christmas Tree" (The Workbasket) / 2002 
左下 "Quaker Noel" (Legacy Designs) / 2010
中央 "Peace & Joy" (Legacy Designs) / 2009
右下 "Windows of Faith, Hope, and Peace" (Primrose Needleworks)/  2010

無事に5つ完成!
どのように始末するか、手順を考えるのはちょっとしたパズルのようで、解き甲斐がありました。
ほぼイメージしていた通りに仕上がって満足です

以下、作業記録のダイジェストなど。

- コード作り -
左:いずれも刺繍糸4本分を撚り、半分に折ってコードにしています。

中央:2色用の準備。端を結ぶ前に、中央で糸を引っ掛け。
右:同系×4色。コードを撚ると斑(まだら)になります。

= 表裏の縫い合わせ =
左:使った針と糸。縫い針とカーブ針(クロバー・細)、透明糸(フジックス・モノカラー 60番)。
中央:下2つは完全に閉じ、上2つは上部に空き部分を残しています。右:空きの例。


カーブ針で、パーツの表・裏を交互にすくって縫い合わせ。縫い針は玉止めに使用。

円形、表と裏の布目合わせを すっかり忘れていました  . . .

= コード付け =
- 縫い方 - 
2種類の方法を試しました。縫い針を使用。
【その1】 縫い糸を、コードのミゾに沿わせる。


【その2】 縫い糸を、コードの間に通す。


- コード付けのパターン -
【上で始末】
上の角を残してコードを縫い付け、角で結び目を作る。


結び目が浮かないよう、透明糸で縫う。別糸で上部を巻き締めて処理。コードをほぐして切り揃え。

※切った部分からラメが剥がれ落ちるのを防ぐため、ほつれ止め液で固めてあります。

【下で始末】
コードを周囲に縫い付け、上下の中央を別糸で巻き締める。右:処理後。上部中央の拡大。


結び目を作って、糸をほぐし、真っ直ぐに整えて切り揃え。


【隠す:1】
上部を残してコードを縫い付ける。短い端を ピンセットで空き部分の中に隠す。


長い端に結び目を作り、同様に。透明糸で縫って固定。


【隠す:2】 ※コードの途中にタッセルをプラス。
厚紙に刺繍糸を巻き 輪の片側を切って中央を別糸で結ぶ。
コードを挟んでタッセルの頭を作る。別糸はタッセルの首に。半回転ねじって縫い付け。


【隠す:3】 ※コード継ぎの自主練。
凹むカーブから開始。コードの継ぎ目を合わせ、両端を縫い付けて始末。裏のパーツを縫い合わせ。


コードの位置を縫って修正。別に作ったタッセルを後付け。ふさふさでステッチのミスをかくしちゃえ
右:コードの継ぎ目拡大。待ち針のラインが境目です。


= 裏話 =

この裏、ではなくて。

コードを作っている最中にできる「くるん」は、「そろそろ巻き終わり」のサインなのですが…。
更にしっかり撚って細かいシマシマにできないものかと無茶をした結果、中央付近でまっぷたつ
2色共に糸を改めました。青糸(DMC 3750)は残りが足りず、変更することに。
替わりの青を選んでいて、不良罪庫のラメ糸、透明糸(過去ビーズ付けに使用)を掘りだしました。結果オーライ、かな??

右:即席ピン・キープ。今回試した方法、違った仕立て物にも活かせそうです

- 覚え書き -

コードに使用した刺繍糸。左から順に。
・DMC 762, puppets 7150
・DMC 520
・DMC 315, 3802, HDF 1235, 1327
・DMC E677 , COSMO 169
・DMC E677 , 221

コード必要長 =(オーナメントの周囲 +吊り下げ紐分 +必要があれば装飾分):A
刺繍糸使用長 =(A +α:5cm~ )×3倍 ×4本分