途すがら

クロスステッチの記録帳。

Finishing

完成: Spool Box (3) /ブログ小休止のお知らせ


プロジェクト完結
小さい文字はスペイン語。recuerdo de la Mezquita(メスキータの思い出)と刺してあります。
recuerdos、と複数形にすべきだったかしらん?ま、いっか。

振り返ってみれば、2012年は仕立て元年どころか強化年になってしまったような気も。
それなりに苦しみもしましたが、過ぎてしまえばささいなことばかり。
何より、ステッチとはまた違った感覚で夢中になれる面白さを知ることができました。
仕立て、思い切って始めて本当に良かったです。

続きを読む

完成: クリスマス・オーナメント×2


左:"Christmas Rose" JCS Christmas Ornaments 2002より。
Designer: Elizabeth's Designs (Elizabeth Foster)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC, Needle Necessities #139
35W×35H, 2over2

右:"Merry Christmas - Moon Santa" Prairie Yule IIより。
Designer: Stitches From the Heartland (Lynn Dee Andrews)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: DMC
81W×50H, 1over2

今年はシーズン中に無理かなと思っていたクリスマス物、小物作りに悩んで手が止まった間に乱入。
右側は、飛び切り気に入っているデザイン。

続きを読む

完成: "Quaker Needlework Treasures" (2)


Designer: With My Needle (Ellen Chester)

材料集めから仕立てまで、長いみちのりでした。説明文、読み解くのが難しかったです。
赤いバージョンを見ることができて、とても満足しています。

続きを読む

完成: "The Peacock Stitching Chair" (3)


Designer: The Cat's Whiskers Design Studio

できましたっ

続きを読む

WIP: "The Peacock Stitching Chair" (2)パーツ作り


Designer: The Cat's Whiskers Design Studio



チャートに付属している材料(*)のうち、テンプレートのみコピーして使いました。
厚紙はカットしやすい0.5ミリ前後のものに置き換えています。
*:芯になる厚紙×2枚、印刷されてあるクラフト紙×2、木玉とペグ×4組。

裏をレーシングしてあるパーツは、折り方を変えてみました。
その他 変更した部分などを、以下に記録。

続きを読む

完成: Herz (3)


Chart design: Needleprint  [ freechart ]
Reference for finishing: Thistle Threads "Tiny German Slipper" (Web Instructions - Projects)

Vierlande風の小物ができました
縁どりにリボンを加えています。…新しいことができたときの爽快感はクセになりそう。
意図していなかった雰囲気になりましたが、これはこれで良しとします。
裏側はdetached buttonhole loop付き。吊り紐やリボンを通せばオーナメントになる仕様。

続きを読む

オーナメントできるかな?【後半】 - 組み立て


Just Cross Stitch Christmas Ornaments より。
左上 "Elfin Stocking" (The Workbasket) / 2008
右上 "Quaker Christmas Tree" (The Workbasket) / 2002 
左下 "Quaker Noel" (Legacy Designs) / 2010
中央 "Peace & Joy" (Legacy Designs) / 2009
右下 "Windows of Faith, Hope, and Peace" (Primrose Needleworks)/  2010

無事に5つ完成!
どのように始末するか、手順を考えるのはちょっとしたパズルのようで、解き甲斐がありました。
ほぼイメージしていた通りに仕上がって満足です

以下、作業記録のダイジェストなど。

続きを読む

オーナメントできるかな?【前半】 - 本体パーツ作り


オーナメント表裏のパーツ5組、準備できました
裏側は、糸で処理してあります。

主な材料一式。

・オーナメントの芯: 厚紙 + キルト芯。木工用ボンドで接着。2組。
・布: 表用と裏用。
・刺繍糸: 縁を装飾するコード用。

以下、作業記録写真のまとめなど。

続きを読む

完成: "Vierlande Winders' Keeper" (8) 終着点


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial

デキタ ━━ヽ(・__・)ノ━━!

Tutorialのバスに揺られて、信じられないほど遠くまで来ることができました
初めての本格的な仕立て…。涙。

一番の収穫は、仕立てがとても面白いと実感できたことです。
布を断つ緊張感、後半の手ごわい内容、楽とは言い難い工程も多々ありました。
最後まで踏ん張れたのは、デザインがVierlandeだったから という要素も大きかったです。
色々な技法が順序よく学べる、取り組み甲斐のあるプロジェクトでした

番外。Vierlande風の小物いろいろ。

数字の4の色替え、アイデアの大元はNeedleprintさんのデザインより拝借。
VierlandeのVier(フィア)がドイツ語の4であることから。関係各方面へ すみません& ありがとうございます。

続きを読む

WIP: "Vierlande Winders' Keeper" (7) どうにもとまらない


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial

自分の手で作った実物が目の前にある喜びを、どう言葉にすればいいものやら。
もし私が犬なら、しっぽが振り切れていることでしょう。


左:ループエンド。糸を球状に巻いた上にステッチが入っています。
  糸を密に巻き過ぎて、針で貫くときがキツかったです。指ぬき大活躍。
右:ユニット折り紙の 糸巻き (Winders)。 まだピリオドを打ちたくないので、完成直前で寸止め。

そして自主練へ。

続きを読む

WIP: "Vierlande Winders' Keeper" (6) 丘を越えて


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial

ピン・ボールの組み立て、縁の飾り付け、中央のフラップ付けを終えています。何とか無事に攻略。
残るは 組みひも 4本、ループエンド付け 2種類、と折り紙 (糸巻き)。

中央のフラップ周辺。ヒンジ部分のちょっとした乱れ、直そうにも解けない一発勝負のステッチでした。
(右) 砕いてあるクルミの殻を詰めたピン・ボール、適度な重さがあります。32g (10円玉 約7枚分)。


続きを読む

WIP: "Vierlande Winders' Keeper" (5) Eyelet × 「4!」


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial

鋭意穴あけ中。
ポケット・フェルト・底を、本体に縫い付けました。表裏も一体化。
右のパーツが中央に付くのは、まだ先の工程。


続きを読む

WIP: "Vierlande Winders' Keeper" (4) Part Two 縫い始め


Designer: Amy Mitten Designs (Amy Mitten) / Online Tutorial

黙々と熱中。仕立ての布を断って、ポケット部分を縫い始めています。
リネンを切り分けてアイロンをかけ、接着芯を切って貼る作業を済ませました。
適切な方法が分かっていて迷わず進められると、仕立ては非常に面白いと感じられます。
仕立てに及び腰だったときの不安が嘘のようで、呆気にとられています。Amy先生に感謝!

その他のパーツ、現在の状況。

道具: コードメーカーもどき (手動ドリルを流用)

なんちゃってcord twister。

持っていた手回しドリルの先に、簡単に細工した金具を取り付け。
昔どこかの海外サイトで、いかつい電動ドリル!を流用していた例を見たことがあります。
思い出してアイデアを拝借。

続きを読む

オーナメント: はじめの第一歩


"'Tis Red" by La-D-Da (Lori Markovic) / JCS Christmas Ornaments 2010

仕立ての練習作、1つ目。裏布は、MOTTAINAI余白を使いました。
正直とても緊張しながらの作業でした。水面下では山あり谷あり。わはは。

手順やコツが、今ひとつよく分からない所からのスタート。
かかった時間の9割方は「エアお仕立て」。工程を、考えたり調べたり試行錯誤したり。
どうやら、完成形から一手順ずつ巻き戻して「こうしたら失敗しそう/成功しそう」を考えておくと、
大失敗には至らないようです。思いの外ちゃんと仕上がったことにびっくり。エア段階で、山ほど失敗した甲斐がありました。
実際に手を動かし始めると、少しずつ先が見えて楽しく作業が進みました。

続きを読む