途すがら

クロスステッチの記録帳。

Vierlande_Sampler

完成: CTNMGS 1826 sampler (9) Fin.


References: Museum Celle sampler 1826 (permin of copenhagen), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

名残を惜しみつつ終了。5作目のVierlande復刻サンプラー。
サイズは横17.6×縦20.7cm。
完成したら、嬉しさで踊りだすかも?と思っていたのですが。
親しい人を見送るような気分になりました。
最後に取り組んだBSが予想通りの難関だったため、微妙に暑苦しい別れ際でもあったことはさて置き…。

今のところ予定はないものの、額装すれば隠れそうな位置にサインのステッチを。

今回はデザイン範囲の外側に、"R.R. ANNO <完成年> <省略名>"の形式で入れています。
("R.R." は、Respectfully Reproducedの意。)
この表記方法は、Attic needleworkのNewsletter(2011年7月21日付, Page10下部)を参考にしました。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (8) 200メートル地点


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

濃紺色の2巻目(1巻=100メートル)を刺し終えました。残るは約3400~3500目とバック・ステッチ。
糸の必要量はあと20メートル前後かな、と大まかに再見積もり。

= Vierlandeモチーフの刺繍クッション =
昨年、調べもの中に偶然ヒットした商品。見た瞬間、それはもう興奮しました。
 ⇒ "Needlepoint Right" by Charlene Mullen ※対のデザイン Leftもあります。
  リンク先は、家具メーカー DE LA ESPADA (デ・ラ・エスパーダ)のWebサイト内。
モチーフはサンプラー左上と同じもの。表現方法がとても大胆で素敵です。
身近に置きたい気もしたけれど、高嶺の花。おとなしく引き揚げるとします。

WIP: CTNMGS 1826 sampler (7)どこから来たのか、双頭の鷲


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

2色使いのモチーフは難所でした。急がず徐行で通過。ほどかずに済んでホッとしました。
記事(4)辺りで手こずった経験が生きたかな、と思っています。

今回の主役は「双頭の鷲」。 モチーフから派生する疑問について軽めに探究などを。
※素人考察です。本当かどうか疑いを持ちながら読んでいただければ幸いです。
双頭の鷲 :頭が二つある鷲
(ドイツ語) Doppeladler
(英語) double eagle, double-headed eagle, two-headed eagle

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (6)ひし形モチーフ


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

デザインの中心部分を超えて、現在135メートル地点。ひし形モチーフ地帯を抜けました。
大きなひし形では、3つの異なる外枠装飾を楽しむことができました。ほどよい繰り返し。
ひたすら同じ外枠装飾のひし形ばかりが並んでいるVierlandeサンプラーもあったりします。
 どのようなサンプラーなのか興味を持たれた方は ⇒ クリック
 リンク先は、European Reproduction Samplers (Sabineさん)のWebページです。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (5)100メートル地点


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

濃紺色、1巻100メートルを刺し終えました。ひと区切りついたところで全体写真を。
一部抜けているクロスとバック・ステッチは、最後に刺します。

=小さな鳥たち=
モチーフをよく見ると、小さな鳥を沢山見つけることができます。
小鳥がいる場所に○印を付けてみました。

現在40羽。最後までステッチすると65羽になります

本: STICKMUSTER-JAHRBUCH 1984 / Eva Maria Leszner

Vierlande samplerが掲載されている本を紹介します。3冊目。



Eva Maria Lesznerさんのイヤーブック。1984年のもの。
表紙・裏表紙・中に計3つ、アンティーク・サンプラーの写真が載っています。
Needleprintさんのブログにて、裏表紙や中の写真などを見ることができます。
 ⇒ Needleprintへ (オリジナル記事:英語) 
 ⇒ Needleprint日本へ

見開きの片側はダイアリー16日分、反対側はチャートになっています。1ヶ月毎に2つのチャート。
モチーフは、アンティーク・サンプラーからの抜粋と、アレンジが入っている物とがあります。

掘り出し物。手に入れた場所は、Celleの刺繍博物館。
館の受付周りには買物ができるコーナーがあり、
小さめの本が沢山入ったカゴの中に1冊だけ残っていました。
本当に幸運だったと思います。事前に本の存在を知らなかったので、素晴らしいサプライズでした。
表紙になっている1826年のサンプラー、オリジナルを観に行ったときの想い出の品です。

WIP: CTNMGS 1826 sampler (4)アイドリング中


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

先週までの進み具合です。右端のひし形で足踏み状態に。 
2色が交互に隣り合う部分で刺し目が乱れ、解決を先送りして周りに手をつけています。
1つのモチーフを完成させないまま頻繁に他へ移るのは、気が散っている時に出るクセです。
心底から気に入っているサンプラーに、渋い気分で向き合っている自覚もあったので一旦停止。
生真面目に1つのWIPに取り組む義務も特になし。足早に小さな脇の途へ。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (3)Frog stitch

over1のステッチをほどいた話を書きます。
天使の横にある円形モチーフ、中心辺りでチャートミスをしていました。
先ずは、修正の前後を比べた写真を。

References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

=解き作業=
何とか周辺だけをほどくことができました。無駄にした糸は50cm×1~2本程度。
最悪1モチーフの半分を覚悟していたので、ラッキーでした。
ほどいた糸は、痛んでちぢれ麺のようにクセがついているので処分行きに。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (2)サイズ

ペルミンのチャート表紙(A4サイズ)を添えて撮った一枚。

この時点で、すでに刺し間違いがあります。間違い探しが得意な方なら、すぐ分かるかもしれません。
1つは、鳥のしっぽ。天使の腰辺り、左側です。残りは次の記事で。
ミスに気付いたのは、かなり刺し進めた後でした。

over2 完成作との比較。同じ布を使っています。ほぼ1/4サイズのミニチュア。


+ + +
over1 / WIP
References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H

over2 / Museum Celle sampler 1826
Designer: permin of copenhagen
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: NPIS - color#852, #227
283W×333H

WIP: CTNMGS 1826 sampler (1)始まり


References: Museum Celle sampler 1826 (permin of copenhagen), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

今ステッチ中の復刻サンプラー。5作目のVierlande samplerになります。
3年前にperminのチャートで完成させた後、叶うならいつかもう一度、と思っていました。
perminのチャートと区別するため、名前を仮に"CTNMGS 1826 sampler"としています。

始めたきっかけは、AVAS社のシルク糸 Soie Surfine #586(濃紺色)の入手にさかのぼります。
ネットで見つけた100m巻き、3個あった在庫をそっくりカートに入れました。
糸が届いた後、#586は買い足すことが難しい色だと分かり、
どうせ使うのなら、このサンプラーのために活かそうと思いました。
前回がover2だったので、over1でミニチュアを刺すのも面白そうだと。
そんな始まりです。

続きを読む

雑誌: ORNAMENTE - April 1994 Heft 2

Vierlande samplerが掲載されている本を紹介します。2冊目。



ORNAMENTEは、オランダの手芸総合誌"Handwerken zonder Grenzen"のドイツ語版です。
クロスステッチ・サンプラー全般に関する記事は4つ、計16ページ。
Vierlandeのアンティーク・サンプラーに直接関係しているのは(2)のみ。

(1) Das Deutsche Stickmuser-Museum Celleの紹介 (3ページ)
(2) 1826年のVierlandeサンプラー: 写真・説明・モチーフ解説など (4ページ)
(3) 1826サンプラーのモチーフをアレンジして作った、ベッドカバーと円柱の布箱 (6ページ)
(4) Jan Houtmanさんのサンプラー"Patchwork"の写真、"De Haemmaeker"の紹介 (3ページ)

以下、(2)と(3)について簡単に内容をピックアップします。
また、この記事の一番最後に、(4)に名前のあるJan Houtmanさんについて書きます。

続きを読む

雑誌: (Burda) Anna Special Kreuzstich E535

Vierlande samplerが掲載されている本を紹介します。1冊目。



1999年発行のクロスステッチ雑誌。ドイツ語。
クロスステッチ・サンプラー全般に関する記事は、計4ページ。
うち、Vierlandeに関係しているのは(1)のみ。

Celle刺繍博物館のサンプラー・コレクションから、2作について写真とモチーフの説明が載っています。
(1) 1826年のサンプラー (3ページ)
(2) "Altona / Hamburg 1809" (1ページ)
  permin of copenhagenから、"Daniel 1809"のタイトルで復刻されているサンプラーです。

また、折り込みの別紙に"Museum Celle sampler 1826"と同じチャートが収録されています。
どうやらBurdaのクロスステッチ雑誌には、時々perminのチャートが載っているようです。
厳密に言えば、perminのチャートよりも正確にオリジナルをトレースしていました。
いくつか修正がある程度なので、チャートを目当てにこの雑誌を探すほどではありません。
糸の指定はオリジナル本来の黒色、それから赤。DMC#310, #321になっています。

ネットを見ていて、1826サンプラーのチャートが載っている雑誌があると知ったものの
長らく該当する号が分からずにいました。
縁があればそのうち見つかるだろう、と気長に構えて探し当てました。
ebay.deより、海外発送不可の品だったため、代行サービスを通しての入手です。

過去作: "Metta Putfarcken 1848" / Vierlande sampler


Designer: European Reproduction Samplers (Sabine Taterra-Gundacker)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#2926
461W×489H, 1over2

Vierlande復刻サンプラー4作目。2と3はいずれ。
2010年の春先に始めて年をまたぎ、およそ1年かけて2011年に完成。
今まで刺した中で、最もサイズが大きく、ステッチ数の多い作品になりました。
 
盛りだくさんの円形モチーフ。その数100以上。モチーフ1種類がこれほど多く集められた
Vierlandeのアンティーク・デザインは、他に見たことがありません。
また、右下(胸像型の天使下)には筆記体で"Zum Andenken"「想い出に / ≒in memory」と
句がステッチされています。句があるのは、今知る限りこのサンプラーだけです。
数少ない赤一色のVierlande sampler。珍し尽くしでした。
オリジナルは、ドイツの博物館 Museum fur Hamburgische Geschichteの収蔵品だそうです。

=およその総ステッチ数 / Total number of stitches (approx.)=
総ステッチ数・必要な糸の量についての情報は、チャートの中に見当たりませんでした。
結論から言えば、約92,500ステッチ、密度はおよそ41%になると推計しています。
92,500 ≒92,426 =461W×489H×41%
続きを読む

Vierlande & Vierlande sampler (2/2) クロスステッチ・サンプラーを観察

何となく知っているつもりだったVierlande sampler。
集めた資料に目を通して、考えをまとめる機会を持ちたいと思っていました。
整頓した結果、ネットや書籍などで見ることのできたアンティークの作品数は56。
リプロダクション(復刻)しか見られなかった作品は2つ。合わせて58作品になりました。
モノクロ写真でしか確認できなかった作品、刺繍糸が劣化して一部が欠けている作品、
未完成の作品など、色々あります。

-はじめに- 
いま私が58作のサンプラーと資料から、Vierlande samplerをどう見ているのか綴りました。
全体の傾向をなるべく客観的に捉えるために、「多い・少ない」に替えて作品の数を出しました。
また、必要に応じて、情報の裏付けになる出典やリンクなどを添えています。
1記事にしているため、ボリュームがあります。
Vierlande samplerに興味を持たれた方への参考になれば幸いです。
なお、モチーフの意味については観察から外れますので、参考誌の紹介にとどめています。

=Vierlande sampler=
アンティーク・クロスステッチ・サンプラーの一種。
フィアランデの少女達が、地域共同体に伝わるモチーフやアルファベットなどを刺繍した布。
モチーフや文字の見本(サンプル)を集める目的と、ステッチの練習を兼ねていたと考えられる。
(現存しているアンティークの、クッションカバー・衣装・葬儀に使われる布などには、
 サンプラーに見られるモチーフと同じものがステッチされている。)
また、新たに作られるサンプラーの見本にもなっていたと思われる。

以下、項目を7つに分けています。
Index
 【1】デザインの概略
 【2】素材、色
 【3】ステッチの種類
 【4】モチーフの種類
 【5】年代
 【6】アルファベット
 【7】フルネームと省略名
続きを読む

Vierlande & Vierlande sampler (1/2) クロスステッチ・サンプラーの背景

Vierlandeのアンティーク・クロスステッチ・サンプラーに関心があり、Vierlandeについてまとめました。
断片的なメモや資料を整頓して、自分自身の理解を深めるために書いています。
先ずは、周辺予備知識から。サンプラーの話は次回になります。

 できる限り正確に書くよう努めていますが、私の勘違いや理解不足もあると思います。
 情報を得られる資料は、ドイツ語や英語がほとんどなのに対して、
 私の英語力は心もとなく、さらに肝心のドイツ語はてんで頼りにならないレベルです。
 手持ちの資料を満足に読みこなせていません。
 読まれる際は、こういった諸事情を心に留めていただければと思います。

=Vierlande(フィアランデ)=
ドイツの地域名。Hamburg(ハンブルク)の東南を占めるBergedorf(ベルゲドルフ)区内に位置する。
昔も今も農作物の栽培が盛んな地域。エルベ川沿い。
歴史上、統治者の入れ替わりが何度かあり、特にサンプラーが盛んにステッチされた時代には、
ハンブルクとLubeck(リューベック)の共同統治下にあった。
ハンブルク単独の統治下になったのは1868年。
  参考⇒ドイツ語Wikipedia "Vierlande"の項目へ
Index
・名前の由来
・人々の暮らしと仕事 (1830年頃)
・Vierlande 簡易単語帳

続きを読む

過去作: "Museum Celle sampler 1826" / Vierlande sampler


Designer: permin of copenhagen
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: NPIS - color#852, #227
283W×333H, 1over2

このアンティーク復刻サンプラーに惹かれてステッチを始めました。
今も変わらず愛着を感じているデザインです。
ある程度上達してから刺そうと決めていました。
ステッチャーになって3年目、2008年に刺し初めて同年に完成。
完成年とイニシャルを、最下部の中央にover1で刺しました。
Vierlande復刻サンプラー1作目。

続きを読む