途すがら

クロスステッチの記録帳。

favorite_Free_Chart

完成: Herz (3)


Chart design: Needleprint  [ freechart ]
Reference for finishing: Thistle Threads "Tiny German Slipper" (Web Instructions - Projects)

Vierlande風の小物ができました
縁どりにリボンを加えています。…新しいことができたときの爽快感はクセになりそう。
意図していなかった雰囲気になりましたが、これはこれで良しとします。
裏側はdetached buttonhole loop付き。吊り紐やリボンを通せばオーナメントになる仕様。

続きを読む

完成: "Silk Road" (3)


Designer: Pelin Tezer [ freechart ]
Fabric: Gander Linen 19fils (48ct) Naturel
Threads: DMC 317, 413, 414, 3799, 310, AVAS - Soie Surfine 586
156W×156H

織り部分、最後の2~3段は針を通す隙間がとても狭くなり、ぎゅう詰め状態に。もう。
いくつかの経(たて)糸を 針で割ってしまったような気も
文字入れは、結局over1に落ち着きました。
初めハーフ・クロスで一文字刺しかけて、何の文字だか分からない状態になり却下。
倍角では、文字がうるさくなりそうで気が進まず。いっそ文字は省いて終わらせる案もありましたが、それもさみしく。
布目は辛うじて見えているので、細い糸ならひょっとして入るかも?と試してみた次第。

続きを読む

WIP: "Silk Road" (2)


Designer: Pelin Tezer [ freechart ]
Fabric: Gander Linen 19fils (48ct) Naturel
Threads: DMC 317, 413, 414, 3799, 310
156W×156H

水平に渡る糸、用意していた薄いグレー2色(415, 762)は 使わないことにしました。
数段刺してみたところ、模様が目立たなかったので、ほどいて濃い色に変更。

糸同士が交差する中央部分、布に刺すのとは違った面白さがあります。
畳の縁(ヘリ)を彷彿とさせるパターンです。

-雑記-
つい先日買った漫画 『乙嫁語り』 ("A Bride's Story", Kaoru Mori)。舞台は19世紀の中央アジア。
2巻「第十話 布支度」は、刺繍のお話。精緻な描写が美しいです。

敷いている布は、ラオスの織物。

以下は、とりとめのない話。
続きを読む

WIP: Herz (2)


Designer: Needleprint (Jacqueline Holdsworth) [ freechart ]
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Ivory
Threads: AVAS - Soie Surfine color #392, #109
61W×74H, 1over1

ステッチ終了。一旦休憩に入ります。
36ct用のテンプレート(*)に重ねると、ぴったりサイズでした。縮小テストは無しに。
*:別にDLした仕立ての説明書、3ページ目。リンクはHerz(1)の記事内にあります。

赤い○を付けた葉の先端、チャートの左右が非対称なので1目付け足しています。
カラーチャートが見づらく、KG-Chartで描き直していて気付きました。

+ + + + + + + + + + + + +

【お知らせ】 次回の更新は、7月中旬頃を予定しています。野暮用にて。

WIP: "Silk Road" (1)


Designer: Pelin Tezer [ freechart ]
Fabric: Gander Linen 19fils (48ct) Naturel
Threads: DMC 317, 413, 414
156W×156H

デザインのサイズ計算を根本から間違えました。布の裁断サイズをミスしたのは初めて。
over1と同じように考えるべきところを、over2のように計算していました。やっちゃった。

チャート1目とリネン1目を対応させています。ダーニング、38ctとは打って変わって牛の歩み
止せばいいのに48ct。カウントを変えて試してみたかったのです。
ステッチは楽しいのですが、ダーニングの図案を見慣れていないこともあり、さすがに目が疲れます。

続きを読む

WIP: Herz (1)


Designer: Needleprint (Jacqueline Holdsworth) [ freechart ]
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Ivory
Threads: AVAS - Soie Surfine color #392, #109
61W×74H, 1over1

フリーチャートです。Needleprint日本へ ⇒ 
タイトルがよく分からないので、仮にHerz (ハート:独語)としています。
また、似ているモチーフがVierlandeサンプラーの中に残されている(*)ことから、
私的にVierlande風に分類しています。
葉に縁どられているハート形、Vierlandeの中では非常に珍しいモチーフです。
*: 1801年のサンプラー。SANQ#58, Spring 2010 (p.36)に掲載あり。

ステッチ後は、ちょっと変わった形に仕立てるつもりです。縮小のテストも兼ねて。
仕立ての説明書をいただいてきました。 ⇒ Thistle Threads
【順路: → (下)Web Instructions →  (右)Projects → (右上)Tiny German Slipper → LINK (pdf) 】

完成: "Snowman's Quaker Christmas"


Designer: Midnight Stitching
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC, WDW - Sweet Patato 2238, Lucky 4111
41W×41H, 1over1

違う色合わせも見てみたくなる可愛いデザイン。小さい布、手に持って刺していました。
フリーチャートです。チャートの場所は、お店 (Heart's Desire)の Newsletter内。
お店のトップへ ⇒ 
【順路: → (上)Newsletter → (下)newsletter archive → (右)December 2008 (pdf) 】

Quaker、復刻物や大作の図案にはどうも手が伸びず。
アレンジされた小振りのデザインを刺すのが好みなのだろうと思っています。

過去作: "Mouchoir Bleu"


Designer: Isabelle Haccourt Vautier (Free chart)
Fabric: Gander Linen 19fils (48ct) Naturel
Thread: AVAS - Soie Surfine color#392
112W×112H, 1over2

通販でいただいたフリーチャートです。2010年の秋に刺しました。
アルファベットの配置と中央の円形効果なのか、視線が中心に引き寄せられます。
ボーダーは重く、中央は軽く、交互に刺してちょうど良いバランスのデザインでした。
アルファベットの書体、わずかに飾り気があって気に入っています。

初めて40ctよりも細かい布でステッチした一作。
48ctを使ったのは、この一度きり。気が向けば、また試してみたい組み合わせです。

仕上がりサイズは、縦横 共に約11.3センチ。
縦横同カウントの図案を選んだのは、単なる偶然。
おかげで、リネンの織りが均等かどうかの確認が簡単にできました。
Gander Linenについては次記事にて。

完成: 冬のハート (2)Fin.


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#1426
84W×87H, 1over2

再開後は、一気に駆け抜け。もう少しステッチしていたいと思うほど楽しかったです。
刺し終えて嬉しいはずなのに、何だか淋しいような気もしています。

締めくくりに四季の集合写真を。どの季節も、不思議なほど針が進むデザインでした。
gazette94さんに感謝! Merci

過去作: "Nimrod" / エニグマ(enigma)=謎


Designer: Long Dog Samplers (Julia E. Line)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#164
93W×83H, 1over2

ショップ配布のフリーチャートです。"Paradigm Lost"の最中にステッチしました。
ナチュラルホルンを片手に、園の中で動物たちと憩う男性。
狩人さんらしいのですが、どうも名手ではない様子 あなたは誰?
イギリスの作曲家 エドワード・エルガー生誕150周年(2007)を記念してのデザイン。
管弦楽曲、通称『エニグマ変奏曲』第9変奏が題材になっているのだそう。

使用した糸、164番は Soie d'Algerの中で最も好みに合う濃紺でした。
過去形なのは、廃盤色になってしまったため。残念です。
#164はDMCの939、WIPの #1426はDMCの823に、ほぼ相当します。

WIP: 冬のハート (1)…何色?


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie d'Alger color#1426
84W×87H, 1over2

リンク先の記事タイトルは"COEUR HIVER"。四季のハートシリーズ、最後の一つ。
糸と布との組み合わせ結果、色合いがどうなるのか早く見たくて、少しだけ刺しました。
確認して気が済みましたので、しばらくストップします

比較用に、黒糸(DMC #310)と使用している濃紺の糸を添えました。
ステッチした部分は、太陽光下では紺だと判別できます。
ところが夜間の蛍光灯下では、肉眼で見ていて黒かと思うほど。
Natural のリネンに刺したときは、いつ どう見ても濃紺色でした (まだ記事にしていない過去作です)。
Lambswool に合わせると、色が一層濃くなったような気がします。

続きを読む

完成: 夏のハート Fin.


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: Hand Dyed Fibers - Woad Blue 2415
84W×87H, 1over2

リンク先の記事タイトルは"COEUR D'ETE"。夏(ete)のハート(coeur)。とりあえず単語2つは覚えられたかも。
ステッチした結果、想像していたよりも暗い色彩になりました。
より白い布に合わせた方が、青色の爽やかさが生きて、正統派の夏らしくなった気もします。
夏に合わせて糸を選んだつもりでしたが、全体の印象は背景色に大きく左右されるように思いました。
また、糸を布に置いて合わせるだけでは、仕上がりの色合い予測は難しいとも感じました。
これはこれで気に入っています。夏の夜、海中に星を探すのもいいでしょう。

続きを読む

完成: 春のハート Fin.


Designer: gazette94 (Free chart) 
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: Fibers to Dye For - Blue Murder
84W×87H, 1over2

途中経過なしで完成。2つ目のハート。
リンク先の記事タイトルは、"2011 , ANNEE DU LAPIN.."。翻訳結果は「2011, うさぎの年」…卯年!
うさぎに絡んで十二支が出てくるとは意外でした。
フランスは十二支のユーロ記念硬貨を発行しているようです。これにも驚きました。
ところで、四季のハートのうち、春だけgazette94さんがステッチされた糸とチャートの色が違っています。
あえて「青い春」にされたのだとしたら面白いかも、と思いました。
十二支は五行思想と関連があり、卯に対応する五行は「木(もく)」。「木」に当たる季節は春、色は青になります。

色落ちするかどうか、アイロン前にわざと霧吹きをしてみました。結果、今回は色落ちなしでした。
ただ、糸のタグ裏には「色落ちしない保証はない」旨が書いてあります。
事前に糸くずを水に浸けたりして、激しく色落ちしないことを確認しています。念のため。

続きを読む

完成: 秋のハート (2)Fin.


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: WDW - color #2104 Deep Sea
84W×87H, 1over2

先週の半ばに完成。夢中でステッチできる素晴らしいデザインです。
他の季節がまだ残っていて嬉しい限り。
久しぶりのWDW、刺し始めてしばらくの間は少々キシみを感じ、ちょっと新鮮な感触でした。
それはさて置き、渋みのある色合いを楽しめるのが、手染め糸WDWの良さだと思います。

続きを読む

WIP: 秋のハート (1)さかさま


Designer: gazette94 (Free chart)
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: WDW - color #2104 Deep Sea
84W×87H, 1over2

gazette94さんのフリーチャートより。
リンク先の記事タイトルは"UN AUTOMNE EN MONOCHROME...."です。
フランス語はよく分かりません。モノクロームの秋、でいいのかなと思います。

とても楽しく刺しています。甘さ控えめで、適度に変化のある「ぎっしり」密度。好みのタイプ
もし2つ目の布を用意したら、勢いで次の季節を始めてしまいそうです。
布は断たず、秋を終えたらサンプラーに戻ります。

上下を逆に向けてステッチしています。初めての試み。ステッチ中の視点はこうなります。


続きを読む