途すがら

クロスステッチの記録帳。

over1

完成: "Quaker Needlework Treasures" (2)


Designer: With My Needle (Ellen Chester)

材料集めから仕立てまで、長いみちのりでした。説明文、読み解くのが難しかったです。
赤いバージョンを見ることができて、とても満足しています。

続きを読む

完成: Herz (3)


Chart design: Needleprint  [ freechart ]
Reference for finishing: Thistle Threads "Tiny German Slipper" (Web Instructions - Projects)

Vierlande風の小物ができました
縁どりにリボンを加えています。…新しいことができたときの爽快感はクセになりそう。
意図していなかった雰囲気になりましたが、これはこれで良しとします。
裏側はdetached buttonhole loop付き。吊り紐やリボンを通せばオーナメントになる仕様。

続きを読む

WIP: "Cally AMAP 1" (1) くるくる?


Designer: A mon ami Pierre
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Thread: Soie Surfine 109
88W×303H, 1over1

敢えて割り込み。気分転換用として中サイズのチャートを引っ張り出してきました。
50cm×10本を刺してスッキリ。続きは忘れた頃になるかも?

タイトルのcally、長らくcurly(カールしている)だと勘違いしていました。赤恥。
calligraphy(カリグラフィー)と関係がある語・・・かしらん??

WIP: "Quaker Needlework Treasures" (1)


Designer: With My Needle (Ellen Chester)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Thread: Hand Dyed Fibers - Perfect Red 6217
1over1

お盆とステッチ、同時終了。
刺していた実感が、ほとんど残っていません。途中の記録もなし。手だけが動いていた模様。
イヤホンから流れ込む音楽に脳内を占拠されて、ぽーっとしていました。
仕立てに入るまで、軽く一か月以上は間が空くと思います。

ステッチ前の配置確認。

各パーツのサイズ(余白込み)に切った紙を用意し、布に置いて断つサイズを決めました。
横28×縦29センチ。上下はスクロール・フレームの帯紐に縫い付ける都合で、余白を少し多めに。
※チャートの説明書に描いてある配置図では、全体がおよそ横66×縦28センチありました。比較すると二倍超。

完成: "Rainbow Village Sampler"


Designer: BRIGHTNEEDLE (Elizabeth Gale Knudsen & Ann M. Pettit)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Antique white
Threads: DMC, The Gentle Art, WDW
144W×134H, 1over1

くすぐられるのは子供心なのか大人心なのか。
糸、全て指定の段染め優先にするつもりで揃えていたのですが、2色変更しています。

続きを読む

WIP: Herz (2)


Designer: Needleprint (Jacqueline Holdsworth) [ freechart ]
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Ivory
Threads: AVAS - Soie Surfine color #392, #109
61W×74H, 1over1

ステッチ終了。一旦休憩に入ります。
36ct用のテンプレート(*)に重ねると、ぴったりサイズでした。縮小テストは無しに。
*:別にDLした仕立ての説明書、3ページ目。リンクはHerz(1)の記事内にあります。

赤い○を付けた葉の先端、チャートの左右が非対称なので1目付け足しています。
カラーチャートが見づらく、KG-Chartで描き直していて気付きました。

+ + + + + + + + + + + + +

【お知らせ】 次回の更新は、7月中旬頃を予定しています。野暮用にて。

WIP: Herz (1)


Designer: Needleprint (Jacqueline Holdsworth) [ freechart ]
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Ivory
Threads: AVAS - Soie Surfine color #392, #109
61W×74H, 1over1

フリーチャートです。Needleprint日本へ ⇒ 
タイトルがよく分からないので、仮にHerz (ハート:独語)としています。
また、似ているモチーフがVierlandeサンプラーの中に残されている(*)ことから、
私的にVierlande風に分類しています。
葉に縁どられているハート形、Vierlandeの中では非常に珍しいモチーフです。
*: 1801年のサンプラー。SANQ#58, Spring 2010 (p.36)に掲載あり。

ステッチ後は、ちょっと変わった形に仕立てるつもりです。縮小のテストも兼ねて。
仕立ての説明書をいただいてきました。 ⇒ Thistle Threads
【順路: → (下)Web Instructions →  (右)Projects → (右上)Tiny German Slipper → LINK (pdf) 】

完成: "Snowman's Quaker Christmas"


Designer: Midnight Stitching
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC, WDW - Sweet Patato 2238, Lucky 4111
41W×41H, 1over1

違う色合わせも見てみたくなる可愛いデザイン。小さい布、手に持って刺していました。
フリーチャートです。チャートの場所は、お店 (Heart's Desire)の Newsletter内。
お店のトップへ ⇒ 
【順路: → (上)Newsletter → (下)newsletter archive → (右)December 2008 (pdf) 】

Quaker、復刻物や大作の図案にはどうも手が伸びず。
アレンジされた小振りのデザインを刺すのが好みなのだろうと思っています。

完成: "Schooler Santa" 2005


Designer: The Prairie Schooler (Pamela Byrd Smith)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC
58W×75H, 1over1

去った3月中旬頃のステッチ(その2)。その3は、ありません。
連作(2004~2007)のうち3つをover1で刺していたので、刺すなら当然over1。
なのですが、キルト模様の細かい色替えに躊躇して、手を出せずにいました。
なんとなく刺せそうな気がしたので挑戦。そして無事に完結。

途中経過。ムダに糸の本数を増やして遊んでいました。

単なる悪ふざけで、他意はありません。眺めていて面白かったです。

ところで、色番号の指定表にはDMC#502 (記号:◇) の記載があったのですが、
チャート上に ◇記号が見当たりませんでした。こういった例は初めてのような気がします。

過去作: "Schooler Santa" 2004, 2006, 2007


Designer: The Prairie Schooler (Pamela Byrd Smith)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC
58W×75H, 1over1

ステッチしたのは4~5年前。手芸をしているサンタさん達。
いつか小さく仕立てられたらと、over1で刺していました。
余白が多いのは、布の縦横サイズを15cmの丸枠に合わせていたため。MOTTAINAI!

= over1のBS (クロスの上から刺す場合) =
刺してあるステッチを割ることなく、布目の中央に糸を通すために、
裏から針を入れる際には、ひと手間かけています。
先ず、表から布目に針を刺し入れ、針が通るように穴を広げてから裏返しにし、
空けた穴に針を刺して(*)表へ出しています。*:透かすと見やすいです。

完成: CTNMGS 1826 sampler (9) Fin.


References: Museum Celle sampler 1826 (permin of copenhagen), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

名残を惜しみつつ終了。5作目のVierlande復刻サンプラー。
サイズは横17.6×縦20.7cm。
完成したら、嬉しさで踊りだすかも?と思っていたのですが。
親しい人を見送るような気分になりました。
最後に取り組んだBSが予想通りの難関だったため、微妙に暑苦しい別れ際でもあったことはさて置き…。

今のところ予定はないものの、額装すれば隠れそうな位置にサインのステッチを。

今回はデザイン範囲の外側に、"R.R. ANNO <完成年> <省略名>"の形式で入れています。
("R.R." は、Respectfully Reproducedの意。)
この表記方法は、Attic needleworkのNewsletter(2011年7月21日付, Page10下部)を参考にしました。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (8) 200メートル地点


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

濃紺色の2巻目(1巻=100メートル)を刺し終えました。残るは約3400~3500目とバック・ステッチ。
糸の必要量はあと20メートル前後かな、と大まかに再見積もり。

= Vierlandeモチーフの刺繍クッション =
昨年、調べもの中に偶然ヒットした商品。見た瞬間、それはもう興奮しました。
 ⇒ "Needlepoint Right" by Charlene Mullen ※対のデザイン Leftもあります。
  リンク先は、家具メーカー DE LA ESPADA (デ・ラ・エスパーダ)のWebサイト内。
モチーフはサンプラー左上と同じもの。表現方法がとても大胆で素敵です。
身近に置きたい気もしたけれど、高嶺の花。おとなしく引き揚げるとします。

完成: ひたすらBent Creek (3) Fin. / +2012年の計画


"Love"
Designer: Bent Creek (Marsha Worley & Elizabeth Newlin)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: DMC, WDW-PelicanGray 1302, Charcoal 1303, Whiskey 2219
90W×121H, 1over1

一度最後まで到達した後、ほどいて刺し直し、完成。
小鳥の目と羽の色を替えようとして、周辺まで巻き添えに。ま、こんなこともあります。
黄色も気になっていましたが、適当な糸がないのでギブアップ。
上部のハートは、指定のノット・ステッチを普通のクロスに変えました。

= 2012年 できるかな =
今後の方向をざっくりと。楽しむことを第一に。脱線あり撤退なし、で行きたいところ。
1.【WIPの完成】 次回と次々回、進捗UP。
2.【練習:Finishing】 コード作りやオーナメントの仕立て。角形や円形など、いくつかの形を。
3.【練習:Darning】 12月に届いたサンプラー。何色にしようか考え中。罪庫と相談中。
4.【Online Class:Amy mitten】 仕立て元年なるか。えいっと飛び込み。Vierlande Winders' Keeper ⇒
5.【?】 旅行中に観た建築物に興味をひかれて。思い出を何かの形に。小作?小物?赤系確定。
6.【Juliaさんの新刊から】 英語Ver.の出版待ち中。気になる1作(タイトル未確認)を青系数種で。

- その後の Snowman -
眼をチャート通りの位置に修正。

WIP: ひたすらBent Creek (2) / 残りの1チャート


"Love"
Designer: Bent Creek (Marsha Worley & Elizabeth Newlin)
Fabric: Zweigart Cashel 28ct Natural
Threads: WDW, DMC
90W×121H, 1over1

小さくステッチしたく思い、指定の30カウントover2から28カウントover1に変更。
来年に持ち越し確定として、針の冬休みに入ります

WIP: CTNMGS 1826 sampler (7)どこから来たのか、双頭の鷲


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

2色使いのモチーフは難所でした。急がず徐行で通過。ほどかずに済んでホッとしました。
記事(4)辺りで手こずった経験が生きたかな、と思っています。

今回の主役は「双頭の鷲」。 モチーフから派生する疑問について軽めに探究などを。
※素人考察です。本当かどうか疑いを持ちながら読んでいただければ幸いです。
双頭の鷲 :頭が二つある鷲
(ドイツ語) Doppeladler
(英語) double eagle, double-headed eagle, two-headed eagle

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (6)ひし形モチーフ


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

デザインの中心部分を超えて、現在135メートル地点。ひし形モチーフ地帯を抜けました。
大きなひし形では、3つの異なる外枠装飾を楽しむことができました。ほどよい繰り返し。
ひたすら同じ外枠装飾のひし形ばかりが並んでいるVierlandeサンプラーもあったりします。
 どのようなサンプラーなのか興味を持たれた方は ⇒ クリック
 リンク先は、European Reproduction Samplers (Sabineさん)のWebページです。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (5)100メートル地点


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

濃紺色、1巻100メートルを刺し終えました。ひと区切りついたところで全体写真を。
一部抜けているクロスとバック・ステッチは、最後に刺します。

=小さな鳥たち=
モチーフをよく見ると、小さな鳥を沢山見つけることができます。
小鳥がいる場所に○印を付けてみました。

現在40羽。最後までステッチすると65羽になります

WIP: CTNMGS 1826 sampler (4)アイドリング中


References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

先週までの進み具合です。右端のひし形で足踏み状態に。 
2色が交互に隣り合う部分で刺し目が乱れ、解決を先送りして周りに手をつけています。
1つのモチーフを完成させないまま頻繁に他へ移るのは、気が散っている時に出るクセです。
心底から気に入っているサンプラーに、渋い気分で向き合っている自覚もあったので一旦停止。
生真面目に1つのWIPに取り組む義務も特になし。足早に小さな脇の途へ。

続きを読む

糸: Au Ver à Soie - Soie Surfine 【追記】plyについて訂正, 記事の一部削除

8/27(Sat.)の記事について訂正します。また、同時に記事の一部削除を行いました。

= 訂正 =
当初、Soie Surfine は『2ply, Z撚り(左撚り・Z-twist)の糸です。』と書いていました。
ところが、3plyの物もあることが分かりました。申し訳ありません。
手持ちの4色、糸1本の撚りをほぐして並べました。

左から順に、#586, #335 が3ply、#109, #392が2plyです。
この通り、私が持っているSoie Surfineは3plyと2plyが混在しています。
まさか1種類の糸でply数が異なっているとは、思ってもみませんでした。

= 削除について =
8/27(Sat.)の記事から一部を削除しました。削除内容をメモします。
・本文中の『2ply, 』
・記事タイトル中の『130/2』
  整合をとるために省きました。
・本文中の、130/2に関係する一文
 『Soie Surfineは130/2とあるので、1本が65番手ぐらいになるのでしょうか。』
  同じく、整合をとるために省きました。

以上です。

WIP: CTNMGS 1826 sampler (3)Frog stitch

over1のステッチをほどいた話を書きます。
天使の横にある円形モチーフ、中心辺りでチャートミスをしていました。
先ずは、修正の前後を比べた写真を。

References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

=解き作業=
何とか周辺だけをほどくことができました。無駄にした糸は50cm×1~2本程度。
最悪1モチーフの半分を覚悟していたので、ラッキーでした。
ほどいた糸は、痛んでちぢれ麺のようにクセがついているので処分行きに。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (2)サイズ

ペルミンのチャート表紙(A4サイズ)を添えて撮った一枚。

この時点で、すでに刺し間違いがあります。間違い探しが得意な方なら、すぐ分かるかもしれません。
1つは、鳥のしっぽ。天使の腰辺り、左側です。残りは次の記事で。
ミスに気付いたのは、かなり刺し進めた後でした。

over2 完成作との比較。同じ布を使っています。ほぼ1/4サイズのミニチュア。


+ + +
over1 / WIP
References: Museum Celle sampler 1826 (permin), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H

over2 / Museum Celle sampler 1826
Designer: permin of copenhagen
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: NPIS - color#852, #227
283W×333H

過去作: "Black Miniature Sampler" / SANQ #28


Designer: Virginie Menzildjian
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Lambswool
Thread: AVAS - Soie Surfine color#109
137W×89H, 1over1

赤糸で単色刺し。雑誌SANQのvol.28 (Fall 2002)より。
丸い木製のリングは、刺繍枠15cmの内側フープです。仕上がりサイズは横8.9×縦5.6cm。
Soie Surfineを手にして、100×100前後の手頃なサイズでさっそく試し刺しをしようと、
在庫をひっくり返して条件に合うチャートを探しました。
刺したことのなかった系統のデザイン、可愛らしくて気に入りました。

-布に関する失敗-
over1でステッチするときは、布の織り糸が均一な部分を使うことが好ましいと思います。
久しぶりのover1で、ぼんやりしていました。
使いかけの在庫布を広げて「この半端な形の残り部分、丁度いいサイズかな」
と、深く考えずに断った後で、太めのネップ(節)がいくつかあることに気付きました。
布を断つ前に注意を払えばよかったと後悔しきり。

続きを読む

糸: Au Ver à Soie - Soie Surfine

シルクの刺繍糸、Soie Surfineについてのメモ書きです。


WIPを刺し始める前に撮っていたSoie Surfine、1巻100m。
通常は、プラスティックの糸巻き状です。
紙筒巻き状の3つは、限定色のため形態が違っているのだと思います。

Soie Surfineを知ったきっかけは、Society of Soie Surfineでした。
40ctのover1、45ct以上のover2に向く糸だと知り、発表時から気になっていました。
が、色ムラのある手染め糸なので、単色を好む私には不向きと思って手は出さずじまい。
当時、単色のものを探した憶えがありますが、通販できそうなショップを見つけられず、
糸のことはしばらく忘れていました。

昨年の半ば辺りから、海外のブロガーさん(*)の記事でこの糸をよく見かけるようになり、
手持ち糸での40ct・1over1に行き詰まりを感じていたこともあって、
やはり一度は使ってみたいと再度ショップを探して手に入れた次第です。
*:iStitchのCarolさんです。

続きを読む

WIP: CTNMGS 1826 sampler (1)始まり


References: Museum Celle sampler 1826 (permin of copenhagen), Anna E535, ORNAMENTE 1994/2
Fabric: Permin(Wichelt) 40ct Natural Brown Undyed
Threads: AVAS - Soie Surfine color#586, #109
284W×331H, 1over1

今ステッチ中の復刻サンプラー。5作目のVierlande samplerになります。
3年前にperminのチャートで完成させた後、叶うならいつかもう一度、と思っていました。
perminのチャートと区別するため、名前を仮に"CTNMGS 1826 sampler"としています。

始めたきっかけは、AVAS社のシルク糸 Soie Surfine #586(濃紺色)の入手にさかのぼります。
ネットで見つけた100m巻き、3個あった在庫をそっくりカートに入れました。
糸が届いた後、#586は買い足すことが難しい色だと分かり、
どうせ使うのなら、このサンプラーのために活かそうと思いました。
前回がover2だったので、over1でミニチュアを刺すのも面白そうだと。
そんな始まりです。

続きを読む